品種登録出願は愛知県の「行政書士事務所シフトアップ」全国対応しています。

sokuhou

品種登録は愛知県の「全国対応かわい行政書士事務所」へ

新品種種苗品種登録専門オフィスへお越し頂き誠にありがとうございます。

当サイトは愛知県の「かわい行政書士事務所」が運営する、種苗法に基づく品種登録出願と登録の代行専門サイトです。

新品種開発にかけた膨大な時間、労力、多額の費用そして熱い想いをムダにしないために種苗法に基づく品種登録と地域ブランド確立の専門事務所として全国の育苗家・種苗業者様の権利をお守りいたします。

 

弊所は全国対応しており、愛知県、岐阜県、東京都、千葉県、大阪府、広島県など全国からのご依頼を承っております。品種登録の煩わしさを解消し、お客様の貴重なお時間を確保するため、日本国内どこへでも当方からご依頼後5日以内に打ち合わせに伺いますのでご安心ください

 

海外出願にも対応中!

現在の対応国は「オーストリア、ドイツ、イギリスなどEU加盟国・オーストラリア・アメリカ・中国・台湾・シンガポール・マレーシア・インドネシア・フィリピン・タイ・ベトナム」となっております。

お客様貢献のため、上記各国へ出願実績のある海外特許事務所様との提携により実現しました。品種登録に伴う商標権出願や育種法の特許出願も可能です。

種苗法に基づく品種登録をご検討中の方は「かわい行政書士事務所」にお気軽ご相談くださいませ。

品種登録をした方が良い理由

新品種を開発しても、公に開発者が誰かという「権利の登録」をしておかないと、開発者の権利や本来得られるべき、経済的な利益は守られません。

  • 品種登録をしておかなかったばかりに、他人に勝手に増殖され販売されているのに何も言えない・・・
  • 他人が自分の知らないところで増殖した低品質の同品種が出回りせっかく築いたブランドにもキズが付いてしまった・・・

 

このようなリスクを防ぐため、お客様が新品種の開発者である事を公に登録し、権利や経済的利益を守るために種苗法に基づく品種登録をおこないます。

その全てのお手伝いをするのが「かわい行政書士事務所」です。

品種登録 専門事務所の特徴

種苗法に基づく品種登録専門の行政書士事務所としてお客様のサポーターであり続けるためのサービスを実施しております。

日本から海外への品種登録に対応します

ドイツのミュンヘンに本拠を置き日本人弁理士も在籍する「isarpatent特許事務所」様、メインオフィスをベルリンに置くドイツの特許事務所「Gulde&Partner」様、「台湾特許庁上席審査官が所長を務める台湾の特許事務所「TOA国際特許事務所」様との提携により、日本からEU、アメリカなど海外への品種登録。更に品種登録に伴う海外への商標出願や育種技術の特許出願にも対応いたします。

出願国により必用書類が異なるため、事前お見積りをさせて頂き、同意頂けたのちに業務に着手しますのでご安心ください。まずは、メールまたはお電話にてお気軽にお問い合わせくださいませ。

台湾など、海外から日本への品種登録に対応します

海外から日本への品種登録は、年々増加しております。お客様貢献のため、弊所は出願書類の原文が日本語、英語、中国語の場合に限り、海外から日本への品種登録にも対応しております。どうぞお気軽にご相談ください。

お忙しい方のため、土日祝日問わず当方から日本全国へお伺いします

育苗家、種苗業者様は、平日は仕事でお忙しいと存じます。弊所では、お問い合わせ後、ご依頼頂きましたら5日以内に、日本全国のお客様の元へお伺いします

手数料・交通費以外は頂かない明朗会計です

報酬額表記載の弊所手数料と事前にお見積りした交通費以外は頂きません。また、海外出願の場合、事前にお見積りした手数料以外は頂きません。

メール・電話相談は何度でも無料です

お客様が納得いくまで何度でもご質問には無料でお答えします。遠慮なくご相談ください。
このような方はお気軽にご相談ください お客様の「面倒・解らない」を解消し、ストレスを失くすために当事務所をお気軽にご利用ください。

種苗品種登録丸投げサービスの手数料(日本国内から日本への出願)

サービス名報酬額(税別)出願料等費用合計
書類作成と出願代理
植物体の情報収集
納付期限の管理(初回登録時のみ)
120,000円47,200円167,200円
※当事務所から30㎞圏外へのお客様の元へお打ち合わせに伺う場合は別途交通費を頂戴しております。
交通費の目安  (交通費は当事務所手数料とは別途頂戴しております。ご了承ください)
 大阪  12,460円
 東京  16,200円
 広島  21,200円
静岡 8,180円

2万円還元いたします

外国から日本への品種登録の手数料

サービス名
報酬額(消費税別途)登録手数料費用合計(消費税別途)
品種登録出願+期限の管理
150,000円47,200円197,200円
翻訳料100,000円程(メールの回数等で変動します)-100,000円程(メールの回数等で変動します)
英文願書+英文説明書作成50,000円50,000円
※原文が日本語、英語、中国語の場合のみ対応。日本語以外は翻訳料を頂戴しております
※複数割の適用があります

日本から海外への品種登録

サービス名
報酬額(消費税別途)登録手数料費用合計(消費税別途)
海外品種登録出願代行
300,000円~出願国により異なります300,000円~
翻訳料50,000円~-50,000円~
※事前お見積りをさせて頂いております。お見積りのみの依頼もお気軽にどうぞ。

品種登録は専門事務所へ

品種登録の要件や法律用語を調べる作業は、とても骨の折れる作業でございます。お客様自身で品種登録を行っても必ず作業途中で疑問がわき、それを役所に尋ねたり、ネットで調べるなど多くの時間を費やすことになります。

お客様の貴重なお時間お客様は、日中は仕事をされておりますので、直接売上を生まない書類作成等に貴重なお時間を費やすのはあまりオススメいたしません。経営者の皆様ならお解りかと存じますが、時間にも「時間コスト」というコストがかかっているからです。

年収1,000万円の方が仮に30時間を品種登録の書類作成等に費やした場合、約13万円のコストをかけたことになります。

一方で、当事務所の手数料は12万円です。書類作成をアウトソーシングすることで、利益を生む新品種開発や販路拡大にお使いいただく時間が増えることになります。

お客様の貴重な時間は、新品種開発や販路拡大のための時間にお使い頂き、書類作成や品種登録代行は専門事務所である「かわい行政書士事務所」におまかせいただけば安心です。

品種登録に関するお問い合わせはこちらから

種苗法に基づく品種登録に関する大切なご相談やご依頼はこちらから承っております。些細な事でも遠慮なくお聴きくださいませ。

Contact us

Blog

品種登録-海外から日本へ。実録版!

海外企業からの品種登録依頼 東海の中心で海外から品種登録の依頼を受ける お客様の都合により、国名など詳細な情報は伏せております。 2017年1月、外国の大使館から入電! 海外大手企業が品種登録の依頼をしたいとの事で、当サ …

権利の消尽ってなに? パート2

品種登録 権利の消尽について パート2 今回も種苗法で定める「権利の消尽」についてのコラムです。 種苗法に基づく権利の消尽のおさらい 種苗法に基づく品種登録では、登録品種の育成者権の権利が及ばなくなることがあり、これを「 …

権利の消尽ってなに?

種苗法 権利の消尽ってなに? 種苗法21条 第4項 で権利の消尽について以下のように定められています。 育成者権者、専用利用権者もしくは通常利用権者の行為または第1項各号に掲げる行為により登録品種の育成者権の効力は、その …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

Translate:

アイルランドからの依頼
5分でわかる品種登録
3分でわかるブランド保護戦略
台湾から日本への品種登録
  • facebook
  • twitter

川合智士プロフィールはこちら

行政書士 川合智士

代表行政書士 川合智士

PAGETOP
Copyright © 種苗品種登録専門オフィス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.